Entries

ファミリーズ!で団地夜話 プレイ記録

カテゴリ : 同人TRPGファミリーズ!
ファミリーズ!で団地夜話 プレイ記録
第1日目
月曜


朝の家事
右京は苦手な洗濯を失敗。
洗濯機を回していることをうっかり忘れて出社した模様。
久留里のお気に入りのシャツがクシャクシャに。

しのぶも洗濯だが、これに成功。
大変天気がよく、大物もしっかり乾きました。

昼の行動
右京はすずらん団地の再開発について、大手電機メーカーの営業マンとして、PCを使って情報収集。
レイズして成功したので、全体プロローグに記されている情報を入手。
さらに、アンケートと称した電話で、偶然にも岩渕老人に遭遇。
夢の話を聞き、さらにヘルパーとしてやよいさんが通ってきていることも知ることができた。

ケアマネージャーのしのぶは、独居老人の葬式帰りにやよいさんに接触。大成功!
やよいさんは心の奥に秘めていた想いまで話してくれた。
「遺族の皆さんにはこんなこと言えませんけど、皆さんもう十分生きられたと思うんです。これ以上長生きしてもつらい思いするばかりだったんじゃないかしら。不謹慎なこと言ってすみません。でも、この仕事してると、最後まで愛する人に囲まれて、幸せに人生の幕を下ろせる人なんてそんなにいないなぁって、つい思っちゃうんですよね」
介護の現場を知っているしのぶとしては、そう言いたくなる気持ちも分からなくはなかったが、相手がやよいだというのが意外だった。内心そう思ったとしても決して口に出さないタイプだと思っていたのだが…

夕方の家事
右京は苦手な掃除に失敗。
被害者はブログの読者!?
むむむ…では、こう解釈だ!
掃除機をかけていて、うっかりジェットの背中を吸引してしまう。
パニックに陥ったジェットはキーボードを踏みつけて逃走。
その際に、偶然踏んだ「やめる」という言葉が記事として投稿されてしまう。
右京はこれに気づかず、夕食後にブログをチェックするまで放置してしまったものだから、常連が右京がブログを辞めると勘違いし、見事にブログ炎上。

しのぶは♦のAを引いたので、家事に成功した上で♦も得る
買い物帰り、しのぶは壁が剥落した現場をうろついているハルヒデを見かける。気の好いしのぶは「あら、あなた、あんまり近づくと危ないわよ。そこ最近剥がれたばかりだから。もしまた壁が落ちたら怪我するわよ」と声をかけた。最初は声をかけられてギョッとした様子だったハルヒデだが、心配してもらったことが嬉しかったのか、「おばさんはここの団地の人か?」と聞いてくる。
「こんなボロい団地、危なくなる前に引っ越した方がいいぜ」
「そうね、もう古いからね。でも調べてもらったらうちの棟の壁はまだ大丈夫だって」
「いや壁だけじゃなくってさ。出て行けとか言われてんだろ?」
「ああ、そのこと。確かにそうなんだけど、うちにはおばあちゃんたちがいるからね。お年寄りって環境変わるの嫌がるのよ」
「そんなガンコババアなんかほっといて、おばさんたちだけでも引越しなよ」
「うーん、そう言われても家族だしねぇ…」
…とかいう会話を交わし、ハルヒデくんとちょっと仲良くなったしのぶであった。

夜の行動。
右京は久留里の家探し。
その時間を確保するために、2人の子どもに家事を代行してもらいます。
「週末には、必ず埋め合わせはする。サッカーしよう。これは男の約束だ。だから、掃除頼む!」
何とか成功し、久留里の新居が見つかりました。
あまり新しくも綺麗でも広くもありませんが、男の一人暮らしなら十分でしょう。

しのぶは舅の啓一と夕食作り。
姑のさりげないフォローのおかげで何とか無事に水炊きが完成。野菜の切り方が不ぞろいだったり、大根おろしが辛すぎたりしても、鍋料理の強みでそこそこおいしいものができた。夫のややおおげさな褒め言葉もあって舅は気をよくし、「いつかはオリジナル料理をみんなにご馳走する!」と宣言。やる気が出てきた舅を見てほほえましいやら、心配やら。

深夜の行動
右京は、仕事と家庭と両方がうまくいかず、失意状態で眠れずにいた久留里を元気づけるために、2人してキッチンに潜入。
「確かに失敗した。けれど、失敗も含めてお前の人生だ。胸を張れ。」
「予言してやろう。お前は必ずその苦しみを乗り越える。その時、俺に最高の料理をごちそうしろ。俺は、待っているからな。」
などと、一杯やりながらおしゃべりした結果、苦笑混じりではあるものの、久留里は少しだけ笑って見せてくれた。

第2日目
火曜


朝の家事
右京は朝食作りにギリギリセーフ。
きっと、寝過ごしかけたところを、ジェットが腹に飛び乗って起こしてくれたのだろう。
しのぶは買い物に成功。
行きつけの八百屋さんで、新鮮青野菜を購入。舅と夫が好きな春菊がたくさん買えました。

昼の行動

右京はすずらん団地の近くにある千葉電器に営業活動。
ここは、すずらん団地ができたころに開店した電器店で、機械に恐ろしく強くアフターサービス万全の初代店長に代わって、人が良くてあっけらかんとした2代目店長が店を切り盛りしているという設定。
自分のメーカーが売りたいものだけをプッシュするのではなく、地域の情報を収集、分析したうえで、その地域の電器店では何を扱えばベストかを判断して営業活動を行う右京とは以前から強い信頼関係があり、地域の近況や出来事を積極的に話してくれる。
今日はお餅もつけるパン焼き器を持ち込み(♠)、お餅がつけるのを待ちながら雑談。
ハルコの噂と老人連続死の情報を入手成功。

しのぶは老人を対象とした料理教室を企画、準備(♥)することに大成功。
講師は、掲示板でやりかけていた団地夜話にPCとして登場していた松崎静さんにお願いできた、というおまけがついた。
この助っ人は強力な予感。


夕方の家事


右京はアクシデントで秘密を3点失う。
ブログに悪戯書きをされてしまい、ちょっとしょんぼり。

しのぶは買い物に成功。
おじいちゃんのエプロンを購入。
男らしいワーキングエプロンにおじいちゃんはにっこり。エプロン

夜の行動

■設定(フィックス)
ハルコは人の意識だけをタイムリープさせることのできる特殊能力の持ち主である。
彼女が1番輝いていた時を質問しているのは、相手の意識を「その頃」にタイムリープさせてあげる為なのである。
そして、そのハルコの親切な行いこそが、老人連続死の正体であった。
このような能力を持つようになったきっかけも原理も、現時点では未設定。
ハルコは現代のすずらん団地に住む老人であったが、意識だけを40年前の自分にタイムリープさせることに成功。
さらに、これまでの40年の生活を夢であると誤認することなく、自らの能力を自覚。
その上、今度は肉体ごと現代に帰還してきたのである。
また、この能力と関係がありそうだが、目の前の人の過去を覗き見る能力「過去見(ルビ:かこみ)」も持っている。



右京の手番では、久留里が代打で登場。
自分が料理人になっている夢の不自然さ、21世紀の意外な姿、初恋の君の変貌から今までの生活が夢ではないことに気づくことができました。

■設定(フィックス)■
久留里が料理人になったきっっかけ。
右京はドラフト会議で指名されると思い込み、集まった親戚友人家族とともに、TV前で待機しつつドラフト会議のTV中継を観ていた。
ところが、右京は他の選手を指名するための煙幕として利用されただけで、実際には指名されなかった。
落ち込む右京。
彼を励まそうと、おっちょこちょいの久留里は、料理の経験0なのに、大急ぎで餃子を作るが、これがスーパー激辛&激マズ餃子で、自分で食べても愕然とするレベル。
しかし、彼の気遣いに感激した右京は、嬉し涙を流しながら、うまいうまいと餃子を完食。
「料理には人を癒やす効果がある」と確信した久留里は、料理人としての人生をスタートするのであった。

しのぶの手番には舅の啓一が代打で登場。
岩淵老人を料理教室に誘い、うんと言わせることに成功。

深夜の行動


右京の手番には、意識だけタイムリープした久留里が代打で行動。
タイムリープし直して現代に戻ってくるという奇跡を演じるために2レイズ。
右京の1日目の深夜に話したこと(最高の料理を食わせる約束、人生)、自分の子どもの存在が危うくなること、週末の子ども達との約束などを思い出し、輝いていた時代に戻りたい、という思いを否定し、時をもう一度逆行し、現代に戻ってくることに成功する。

1日目の夜に右京が家事をしなかったので、代わりに子ども達が家事をしているが、この時久留里も当然、協力して家事を行ったであろうことから、


第3日目
水曜


朝の家事

右京は洗濯を失敗。
ダメージはブログ読者へ。

しのぶは朝食作りに成功。

昼の行動

昨日企画した、すずらん団地のお爺さん達を対象にした料理教室の当日準備をするしのぶ。
その過程で、いきなりフライパンによる料理はハードルが高すぎるので、ホットプレートを千葉電器店に提供してもらうことになり、右京の耳にも情報が入ってくる。

そこで右京は久留里を伴って料理教室に参加。(もちろん、自社のホットプレートの売込みが目的。)
得意のトークと久留里の料理技術、そして静お姐さまのツッコミのおかげもあって、団地の老人達と信頼関係を築くことに成功。

夕方の家事


右京は洗濯に失敗。
ジェットにダメージ。
ジェットが気に入っている寝床のタオルケットをうっかりして洗濯。
香りの強い洗剤を使っていたため、ジェットは寝床に入れずプチ家出。

しのぶは夕食作りに1で成功!
しのぶが下ごしらえした材料で、おじいちゃんが料理に成功。
おじいちゃんはにこにこ。
おばあちゃん:「あんまり調子に乗せないでよ。」
しのぶ:「まあ、いいじゃないですか。」

夜の行動

右京の手番はあかりちゃんが初めて餃子作りに挑戦し、大失敗。(この辺りは演出。判定に失敗したわけではない。)
激辛餃子になってしまったことをフォローしようと、久留里の過去を暴露。
「いや、あの時の餃子の破壊力は、こんなもんじゃなかった!」
「嬉し泣きしながら食ってたくせに、いい加減なこと言うな!」
みたいなトークを披露してあかりを励ましたあと、
「でも、あの経験があったから、野球一筋だった俺が、料理人になったわけだよな。縁って不思議だよな。」
的な経路を通って、昨夜の不思議な体験を話し始める久留里。
行動宣言は
「『へえ、そんな不思議なことも、広い世界にはあるのかなあ』的に、久留里の体験をふわっと受け止める」。
みんなといっしょに食事会を行っているので♠で判定。
成功。
久留里との長い付き合いや、なんちゃってオカルトブロガーとしての右京のセンスがなければ失敗していただろう。

しのぶの手番では舅の啓一が行動。岩淵老人を家に呼び、自分が用意した(本当はしのぶにかなり手伝ってもらったのだが)おつまみを自慢しながら二人で飲み会。学生時代からのアイドル(女帝?)の静さんのエピソードなどで盛り上がりつつ、岩渕老人の本音を引っ張りだすのに成功。
岩淵:「最近、俺の人生って何だったんだろう、って思うんだ。今更手遅れだと分かっちゃいるんだが、どうにもやり切れなくてな」


深夜の行動

右京はハルコの行動と老人連続死の間に因果関係があることを確信することに成功。(ブロガー的行動)
しのぶは、岩渕老人の気持ちを、過去から未来へと切り替えさせることに成功。
啓一:「まあな、人生ってのは切ないもんだよ。過去は放っとけ。年寄りにだって未来はあるのさ。たとえ残りがあとわずかだとしてもな」

第4日目
木曜


朝の家事

右京は掃除で「1」で成功。
家事は成功して当たり前なんで、システム的ボーナスはないが、きっとキーボードの「u」の下に入り込んでいたスナック菓子のかけらが取れたとか、右京にとっては大成功なのだが、家族はわかってくれない、みたいな現象が起こっているのだろう。

しのぶは買い物に成功。
朝から買い物ってのも考えにくいんで、きっとネットで買ってた商品が時間割指定で届いたのだろう。

昼の行動

右京は、ハルコさんの「あなたが一番輝いていたのは、いつ?」という問いに、何か引っかかるものを感じていた。
だからといって、真面目に調査する右京ではない。
サポートセンターの新人女子社員「ヤマダちゃん」をからかうためのネタに使ったりしている。
すると、そこへ、昨夜料理への情熱に目覚めた岩渕老人からの要領を得ない電話がかかってくる。
「はい、営業課のガラスの貴公子、風祭右京が、前向きに前向きに前向きにご相談を伺います!」
これをきっかけとして、開発部で試験中の新製品を手に岩渕老人の家に突撃する右京。
久留里も呼び出して、発売前の調理器具についてのぶっちゃけ本音トークが炸裂!
途中からは酒も入り、しのぶの家の爺婆や岩渕老人とお友達になることに成功する右京であった。


しのぶは先日壁の前で話して以来、少し仲良くなっていたハルヒデくんと話をする。自分が地上げ屋に利用されていることを薄々感じていた彼はしのぶの説得に応じ、団地の壁を壊した件で自首する決意をする。
ここで1が出て大成功!
自首したことで反省の意を認められたこと、事を荒立てるより費用を倹約したい自治体の意向もあって、彼は罪に問われなかった。尤も、一番の決め手は団地に住んでいる老人たちが彼をかばったことだろう。
静:「なんだい、あんた達。こんな若造一人を捕まえて、トカゲのシッポ切りで終わらせるつもりかい? 悪いことは言わないから、何がしたくて警察官になったかようく考えてごらんな。もしも思い出せなきゃお母ちゃんに昔の卒業文集を出してもらうんだね!」
しのぶ「いや、静さん、卒業文集って…」
啓一「勢いは相変わらずだな。さすが委員長」
岩淵:「うむ」(苦笑)

夕方の家事
右京は料理に失敗。
被害者はまたもブログ読者!?
思いつかないので、久留里のタレント、「段取り君」でダイスを振りなおして成功!
右京の夕飯づくりの失敗を、久留里が機転を利かして回避した模様。
「ほ~ら、この辛すぎて食べられない南蛮漬けに、蜂蜜としそふりかけを回しかけると、あ~ら不思議!」

しのぶは洗濯に無事成功。

夜の行動

右京は、
【行動宣言】岩淵老人やしのぶの姑に、青春時代の恋愛経験について、細部まで思い出して語ってもらう。
       ただし、実は史実である必要はなく、現在の思い込みでもOK!
ということで、昼の行動から、酒も入り、夜の男子トーク展開へ!
ギリギリセーフで、闇市で見かけた「あの子」について、ぶっちゃんが熱く語ってくれました!

深夜の行動
右京は、
【行動宣言】ハルコさんのイメージが、実はそれぞれで全然違うということに気付く。
目撃者の証言をもとに右京がブログ記事を書いた結果、読者が「それは同一人物ではなさそう」と指摘。
ダイスで1を出して大成功するも、これは団地夜話に対するアプローチではないか、ということになり、二つスペードはスペアに回されることに。

しのぶ
【行動宣言】久留里と話して、自分の行動を客観視するように促す。
しのぶは舅の啓一を迎えに来て、そのまま飲み会に参加してしまう。
酔っぱらったしのぶは久留里に絡み、初恋の君とのラブアフェアによって家庭が壊れてしまい、大事な我が子と暮らせなくなってしまったこと等、奥さんや家族側の立場で苦言を呈する。
それは痛いところを突き過ぎだと考えた周りの人たちがまあまあとしのぶをなだめてその場を収めたものの、久留里は後で、確かに自分の行動は自己本位にだったとひそかに反省したのだった。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://popontaza.blog70.fc2.com/tb.php/470-8661030a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

最近の記事+コメント

Appendix

表示中の記事

  • ファミリーズ!で団地夜話 プレイ記録
  • 2014年02月12日 (水)
  • 15時50分07秒
by AlphaWolfy

まとめプラグインv2

03 | 2017/04 [GO]| 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる