Entries

【ファミリーズ!】嫁取川物語セッションのフィックス記録(第1話:洪水に沈んだお花見)

カテゴリ : 同人TRPGファミリーズ!
俺の勘違いでなければ、キャンペーンでその真価を発揮するファミリーズ!。
少しずつ積み上げられていく設定をセッションのたびに集積しておく。

まずは第1話。
お花見の準備をするという簡単なミッションのはずが、フィックスを作るのが楽しすぎて思わぬ展開に。
雪解け水と季節外れの台風が起こした、数十年に一度って規模の水害に飲み込まれ、お花見は中止。
臨時に最前線で災害復旧の指揮を執っていたお花見準備委員会の面々は、鉄火場でキレてこの地域の暗部に触れる発言でもしたのでしょう。
見事、孤立のタスクをGETいたしました。

以下は、そんなセッションの中で飛び出してきたフィックス。
■大前提
今回のプレイでは、ルールブックに掲載されているみゆきヶ丘を物語の舞台として使用しない。
新しい舞台をいちから設定していく遊び方を採用している。
また、ホームルールとして、全てのフィックスは0点で保存することができる、とした。


【今回の花見】
嫁取川の川原で行われる予定のイベント。
つい最近2つの町が合併して新しくできた木庭市(ルビ:こばし)の中心を流れる嫁取川は、2つの町の境界であった。
その嫁取川を挟んで、北岸の水鳥(ルビ:みどり)ニュータウン(旧水鳥が原)と南岸の石見台は、歴史的に仲が悪く、トラブルが絶えない地域であった。
市町村合併に伴い、そんな2つの地域の住民の親睦を図るために急遽企画されたのが、嫁取川の川原で行われる花見であった。

【反目の根】
南東から流れてきた嫁取川は、問題の地域近辺で進路を急転回して南西へ流れていく。
この転回や土地の高低差、河岸の地質が原因なのか、河の南岸である水鳥ニュータウンの辺りは、以前は頻繁に洪水が発生し、小さくない規模で水に浸かっていた。
人々はこれを忌避し愚痴をこぼしてきたが、近代以降の研究により、頻繁に発生した洪水のプラスの面も評価されるようになってきた。
水鳥ニュータウンの前身である水鳥が原の、米の取れ高に対するプラスの影響である。
数千年単位で繰り返してきたであろう洪水によって、水鳥が原は肥沃な土が堆積しているという、米の生産地として不可欠の要件を満たす土地となったと言うのである。
一方、対岸の石見台地区は河岸の地質が丈夫で標高も多少高いという事情に支えられ、洪水の被害はこれまでほぼ皆無、という地域であった。
それは逆の言い方をするなら、土地が痩せていたということにもなる。
実際、単位面積あたりの米の取れ高は、水鳥が原の半分をやや上回る程度でしかなかった。
こうして、対照的な特徴を持つにいたった両岸の2つの地域は、残念なことにいつのまにやら対立し合い、反目しあうことになる。
石見台の住人から見た水鳥が原の人々は、自分達が凶作で苦しんでいる時に、自然災害時にむけた備えの必要性を盾に食料の援助を出し渋る者達であるし、水鳥が原住民から見た石見台の人々は、洪水で自分達が苦しんでいるのを高みの見物を決め込んで眺めている連中なのである。

【嫁取川のヌシ伝説と供物】
古来、嫁取川にはヌシが住むと言い伝えられてきた。
その姿には諸説があり、特定はできていないのだが、自然現象を操れる存在がこの川には住み着いていると伝えられてきた。
毎年のように発生した洪水も、そのヌシの仕業であると。
そこで、洪水に苦しむ下流域の人々は、協力して供物を差し出した。
洪水の被害が甚大な水鳥が原の人々は熱心であり、それと比べると石見台の住人達はやや冷ややかである、という温度差もありはしたが、雪解け間近な2月の下旬と、台風シーズンを控えた8月の半ば、供物は毎年捧げられ続けている。

【30年前の大洪水と両岸地域の協力】
1980年の春先に起こった洪水は、毎年のように起こる洪水とは規模が違っていた。
前年からの大雪が原因であるとも、市の財政不振から川底の浚渫を何年も行えていなかったのが問題であるとも言われているが、本当のところは誰にもわかりはしない。
例年のごとく水鳥が原へ水が溢れ出しただけでは済まず、20分後には石見平も冠水。
浸水家屋は4000件を越えた。
この自然の猛威、両岸に深い爪跡を残した大災害と戦うため、水鳥が原と石見台は一丸となって戦った。
事実上解散していたに等しい青年団に代わり、即席の災害復旧協力隊が編成され、老若男女が一糸乱れぬ連携行動を見せたと記録されている。
この住民達の活躍によって、周辺地域の被害は、当初予想されていたものの半分以下に押さえ込まれた。


【嫁取川の河岸工事と洪水の減少】
1980年に起きた洪水により、県もようやく重い腰を上げた。
嫁取川の河岸改修である。
総工費20億をかけた工事の大部分は河岸のコンクリート化と川底の浚渫であったが、この工事以後、30年にわたって大きな洪水は発生していないことから、必要十分な事業であったとほとんどの県民はプラスに評価している。

【石見台のリーダーによる供物の廃止】
1985年、かねてより懸案であった嫁取川のヌシへの供物が全面的に廃止された。
これには、石見台の当時のリーダーであった田中氏の活動が関係している。
以前から洪水の被害の少ない石見台の住民の間では供物不要論が強く、この決定と田中氏のリーダーシップを評価する声が大きい。
一方、水鳥ニュータウン造成にともない他地域から流入してきた新しい住民の増加から、水鳥が原の地域コミュニティの結束が弱体化し、その結果として石見台にリーダーシップを奪われた結果、このような決定がなされたとして嘆く者も一部にいる。

【新時代の町内会長 佐々木洋子】(PC)

水鳥が原に住むPC。夫に先立たれた60代主婦。同じく未亡人になった娘と孫息子、ペットのネコという4人家族。
今年持ち回りの班長になり、合併されたばかりの町内会に参加。水鳥が原と石見台の親睦を深めようと、嫁取川でのお花見を企画する。
両サイドの班長が集まった町内会で、町内会長を引き受けると宣言。合併直後でさまざまな手続き等煩わしい仕事が多いため、尻込みしていた他の班長たちを安堵させた。

【ブティックKEIKOの主、黒田敬子】

水鳥が原商店街にある質屋、大黒屋の家付き娘。佐々木洋子とは同年輩で仲良し。
質屋は夫の信二が切り盛りしており、先代から教えられたとおり手堅い商売で老舗を守っている。
敬子はほとんど商売にはノータッチだが、たまに店番をすると奇妙なものばかり買ってしまう。特に派手な服に目がなく、奇抜なデザインの物ほど高く買い取るので、倉庫はちょっとした貸衣装屋状態。
それを今回のお花見のカラオケ衣装に使う予定だったのだが、洪水のためにお流れになった。
だが、今回の経験で敬子は俄然やる気になり、倉庫に眠っている衣類を安い値段で貸し出すことにしたという。
その名もブティックKEIKO。彼女の思いついた一番ハイカラな名前である。

【石見台の重要人物(?) 田中某】

石見台で長年町内会長を務め、供物を捧げる行事廃止の原動力となった田中幸一氏。
両サイドの住民の確執の象徴のような存在となっていた田中氏本人は去年亡くなったが、未亡人の早苗もかなりの発言力と影響力がある。
PC佐々木洋子はお花見を成功させるためには田中早苗の協力が不可欠だと考え、秘蔵の芋焼酎を持って尋ねて行き、仲良くなった経緯がある。

【野村涼子】
佐々木洋子の1人娘。35歳。
旦那と死別し、孫娘をつれて洋子の家に戻ってきた。
(今回、ゲーム内で恋愛トラブル系ミッション「阿修羅のごとく/クラブJ」を解決したが、これについての設定。)
職場の上司の奥さんが怒鳴り込んできたが、実際には恋愛関係などなく、完全に奥さんの勘違いであった。
母洋子が気をもむも、娘涼子はあっけらかんとした態度。
最初は心配していた孫航(こう)も、すっかり安心している。

(フィックスの整理には、いっしょにセッションを行ったななさんの協力をえました。さんきゅね。)
スポンサーサイト

1件のコメント

[C354] フィックス整理です

【新時代の町内会長 佐々木洋子】

水鳥が原に住むPC。夫に先立たれた60代主婦。同じく未亡人になった娘と孫息子、ペットのネコという4人家族。
今年持ち回りの班長になり、合併されたばかりの町内会に参加。水鳥が原と石見台の親睦を深めようと、嫁取川でのお花見を企画する。
両サイドの班長が集まった町内会で、町内会長を引き受けると宣言。合併直後でさまざまな手続き等煩わしい仕事が多いため、尻込みしていた他の班長たちを安堵させた。

【ブティックKEIKOの主、黒田敬子】

水鳥が原商店街にある質屋、大黒屋の家付き娘。佐々木洋子とは同年輩で仲良し。
質屋は夫の信二が切り盛りしており、先代から教えられたとおり手堅い商売で老舗を守っている。
敬子はほとんど商売にはノータッチだが、たまに店番をすると奇妙なものばかり買ってしまう。特に派手な服に目がなく、奇抜なデザインの物ほど高く買い取るので、倉庫はちょっとした貸衣装屋状態。
それを今回のお花見のカラオケ衣装に使う予定だったのだが、洪水のためにお流れになった。
だが、今回の経験で敬子は俄然やる気になり、倉庫に眠っている衣類を安い値段で貸し出すことにしたという。
その名もブティックKEIKO。彼女の思いついた一番ハイカラな名前である。

【石見台の重要人物(?) 田中某】

石見台で長年町内会長を務め、供物を捧げる行事廃止の原動力となった田中幸一氏。
両サイドの住民の確執の象徴のような存在となっていた田中氏本人は去年亡くなったが、未亡人の早苗もかなりの発言力と影響力がある。
PC佐々木洋子はお花見を成功させるためには田中早苗の協力が不可欠だと考え、秘蔵の芋焼酎を持って尋ねて行き、仲良くなった経緯がある。

  • 2010-09-18 15:41
  • 投稿者 : なな
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://popontaza.blog70.fc2.com/tb.php/422-6273ad00
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

最近の記事+コメント

Appendix

表示中の記事

  • 【ファミリーズ!】嫁取川物語セッションのフィックス記録(第1話:洪水に沈んだお花見)
  • 2013年11月12日 (火)
  • 12時04分50秒
by AlphaWolfy

まとめプラグインv2

07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる