Entries

マルジナリアの妙薬 解読

カテゴリ : SF
新城カズマの「マルジナリアの妙薬」をいじりまわしてみる。
どうも、いくつか面白い仕掛けがありそうな感触。

記事の性格上、ネタバレを含みます。
追記を表示する場合は、読書にまつわる最も美味しい部分を諦めるのかどうか、もう1度自分に問いかけてからにしてください。
































■追記開始■

【全体の構成】
第一回 ギルガメッシュ叙事詩を読みすぎた男 ―H氏に捧ぐ
第二回 グリーンじゃないし、ゲイブルスもないけど
第三回 愛のために ―或るヴィクトリア朝の物語
第四回 少年十字軍、もしくは世界中の水曜日をぜんぶ集めて
第五回 スルタン・イスマーイル・ウズン=ハッサーンと彼の誉れ高き後宮
第六回 世界終末ピクニック
第七回 東都奇譚介錯御無用
第八回 『ファーストフード&スローキラー』シリーズ、著者インタビュー
第九回 サン=ジェルマン=デ=プレのカフェーにて(一九三八年製作)
第十回 小論(1)―もうひとりのトールキン
第十一回 小論(2)―ロケットでは辿り着けない処 イトウ・シヲリ
第十二回 アンケートの時間です

【扱っている時期】
第一回 ギルガメッシュ叙事詩を読みすぎた男 ―H氏に捧ぐ
     ノアの箱舟の時代(詳細は不明。けど、旧約聖書に書かれたことなんだから、紀元前であるのは間違いない。)

第二回 グリーンじゃないし、ゲイブルスもないけど
     1981年~2007年

第三回 愛のために ―或るヴィクトリア朝の物語
     1895年(?)
      ・切り裂きジャック騒動  1888年8月31日から11月9日の約2ヶ月間
      ・ワイルド裁判      1895年4月26日に始まり、同年5月25日に結審 

第四回 少年十字軍、もしくは世界中の水曜日をぜんぶ集めて
     1929年

第五回 スルタン・イスマーイル・ウズン=ハッサーンと彼の誉れ高き後宮
     年代特定できず。
     

第六回 世界終末ピクニック
     近未来(?)

第七回 東都奇譚介錯御無用
     現代
     慶應3年=1867年

第八回 『ファーストフード&スローキラー』シリーズ、著者インタビュー
第九回 サン=ジェルマン=デ=プレのカフェーにて(一九三八年製作)
第十回 小論(1)―もうひとりのトールキン
第十一回 小論(2)―ロケットでは辿り着けない処 イトウ・シヲリ
第十二回 アンケートの時間です

【メモ】
(物語の中での、他の物語についての言及。無限に張り巡らされるリンクによって形作られる迷宮?)

■第一回 ギルガメッシュ叙事詩を読みすぎた男 ―H氏に捧ぐ
題名につけられているH氏というのは、ショートショートの名手、星新一のことだろう。
ノアが自分のことをエヌ氏と言ったのも、それを暗示してのことだと思う。
この物語と現実の世界は、互いの尻尾を加えた2匹の蛇の関係になる。
現実から見てみると、この物語は現実の中に存在する本に書かれた、実際には存在しない物語だ。
物語の登場人物達は、自分たちは実在していると思い込んでいるかもしれないが、それは錯覚(?)に過ぎない。
物語の登場人物にとって、自分が存在する物語の世界が架空の世界かもしれないと考えるのは不可能に近い困難事だろう。
しかし、それは立場を入れ替えれば俺達にも言えることだ。
ノアの立場から見るなら、現実は物語に書き記されていることの方で、俺達が歴史と読んでいる物語は、ノアが気まぐれに創作し、書き綴ったフィクションであり、俺達こそ、自身が創作された物語に登場する架空の人格であるにもかかわらず、それに思い至らない者達なのだ。
つまり、両者は「自分こそが実在であり、相手は架空の人格である」と互いに認識し合うことで、合わせ鏡のような関係になる。
想像してみるとよい。
あなたが読んでいる、新城カズマによって創作されたはずの物語に登場するノアによって創造された架空の歴史=物語のどこかに登場するはずの、新城カズマとその実在しない創作物を読んでいる架空の人格『あなた』が読んでいる物語に登場するノアによって創造された物語に登場する『あなた』が読んでいる物語に登場するノアが創造する物語の…。
この物語が、互いの尻尾を加えた2匹の蛇の形になることがわかるだろう。

…ということは、あなたが振り向いたそこにはもう1階層外から、読書するあなたを見つめる読者の目が想定できはしないか?

なーんていう、新城カズマによる物語に潜む悪戯。
なんだか眩暈がするような、少しだけ怖いような、ドキドキするような。

追記。
題名にも取り上げられているが、ギルガメッシュ叙事詩についての言及がちょっぴりあり。
って書いたついでに、ギルガメッシュ叙事詩ってどんな物語だっけか?と調べかけたら、「旧約聖書の『ノアの洪水』の原型を含み」ですと?


■第二回 グリーンじゃないし、ゲイブルスもないけど
グリーンゲイブルズ=赤毛のアンが住んでいた屋敷がグリーンゲイブルズ。
働き手としての男の子を望んだ兄妹のところへ、孤児院から手違いでアンが貰われてくるってのが、赤毛のアンの出だし。
アンも友人と文通をしていたようだし、そこから題名がついたのかもしれないが、なぜゲイブル「ス」なのかは不明。
ニーベルンゲンの指輪について、ちょびっと言及。p18
「ジークくんって、あんたw」と思いつつ読んだけど、考えてみたら理想の伴侶の原型として見つめられるなんてのは、



■第三回 愛のために ―或るヴィクトリア朝の物語
登場する黒衣の老人は、切り裂きジャックその人なのかな?

■第四回 少年十字軍、もしくは世界中の水曜日をぜんぶ集めて
ここに登場するフランク医師。
もしかして、第9回に登場するフランソワの未来の姿?
この物語に出てくる「《現実》という菌が入り込むことによって発生する病気」って、つまり知恵熱?
なんとなくサンテグジュペリっぽい気がするんだが、サンテグジュペリを1冊も読んだことがないから、なんともいえない(苦笑)

■第五回 スルタン・イスマーイル・ウズン=ハッサーンと彼の誉れ高き後宮
どこにいるんだか、いるんだかいないんだかわからなくなってしまった美女の話。
いや、彼女など最初から実在しておらず、実在しない彼女がさも実在するかのように誤魔化そうとした結果書類が混乱しているのかな?
いや、書類を混乱させるという魔法でもって、幻の美女を維持しているのかも。
あるいは、量子力学的美女なのかも?
箱の中の生死不明のぬこですよ。
観測されることで実在が確定するんですよw
ん?
いや、観測されないことで不確かに実在しているのかな?
ちょっと混乱。
この物語は、
確かな実在であると信じていたものの不確かさp58~


第六回 世界終末ピクニック
なんとはなしに、オンラインゲーム終了の風景だと勝手に思い込んでいたけれど、もしかしたら落とし穴かも?
手風琴さんって、いわゆる普通の人間ではなく、プログラムされた人格なのだろう。
被著作人ってやつ?
「雨降りマージ」(SFマガジン/2009/10)では架空人とも言ってた。
読み直す必要アリ。

第七回 東都奇譚介錯御無用
第八回 『ファーストフード&スローキラー』シリーズ、著者インタビュー
第九回 サン=ジェルマン=デ=プレのカフェーにて(一九三八年製作)
フランソワとフランクの件、ツイッターで解決。

【教えてください】どなたか、教えてください。フランスの名前「フランソワ」を英語読みすると、何と読むのでしょうか?もしかして「フランク」でしょうか?

「François」自体は英語圏でも「フランソワ」と読みます、英語に存在しないアルファベットがあるのでそのまま英語発音にするのはちょっとムリヤリになります、おなじ「フランク人」と語源とする英語圏名ならば「フランシス」が妥当かと、フランクはその愛称から発展した名前です

ご教示さんきゅです。仏人フランソワくんが渡米、英語圏で暮らすには少々不向きなもとの名前を捨て、語源が同じであるフランシスを名乗ることにしたら、彼と親しい人は、フランクという愛称で彼を呼ぶだろう、というお話ですよね?この名乗り直しって、一般的なのかな?

名乗り直しは大きなマイナスがなければ基本やりませんね、名前は自分自身の重要なアイデンティティですし、特に仏人は自国の言語に絶対の自信を持ち、英語を極端に嫌う人も居ます、大体の国の人は自国の文化に誇りと愛着を持ちますから、不便程度で改名してしまう人は少ないでしょう

フランソワは自分がフランス人であることを隠そうとした?
何やら犯罪の匂い?
そういえば、切り裂きジャックは医者だ、なんて意見もあったそうですね。むふふふうふ。←古畑ごっこw

一九三八年に、いったい何が製作されたんだろう?
誰が?
なぜ?

第十回 小論(1)―もうひとりのトールキン
第十一回 小論(2)―ロケットでは辿り着けない処 イトウ・シヲリ
第十二回 アンケートの時間です
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://popontaza.blog70.fc2.com/tb.php/418-56911f18
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

最近の記事+コメント

Appendix

表示中の記事

  • マルジナリアの妙薬 解読
  • 2010年09月14日 (火)
  • 13時04分19秒
by AlphaWolfy

まとめプラグインv2

07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる