Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C314] アム

私もAマホしたよ、セクションの調整を行いたいです。
  • 2010-06-19 23:04
  • 投稿者 : アム
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://popontaza.blog70.fc2.com/tb.php/396-7863904e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

【深淵第2版】英雄王の遺産【渦型セッション】

カテゴリ : 幻想TRPG深淵
久しぶりにオンラインセッションしたいな。
とりあえず、ゆるゆると準備を始めよう。

■今回予告■

街が燃える。
英雄王ジェラールによって築かれた王国は、王の死後、わずか100年にして滅び去った。
敗亡の民は燃える街を背に、山を越え、国を捨てるしかない。
そして、運命に導かれし者が、英雄王の墓所に辿り着く。

(以下にシナリオ情報を格納。希望者は見ないで参加するも可。しかし、見た上で悲劇を演出するプレイを強く推奨。)
■シナリオ概要■
限定された時間(一夜)と場所(山中の道と王の墓所)を舞台とした渦型セッション。
PC達は故郷の街を滅ぼされ、命からがら夜の山道を逃げ続けていきます。
やがて、英雄王の墓所である廃棄された山城に辿り着き、そこで亡霊の声に導かれて英雄王の遺産を発見します。
しかし、それは、強力な効果と引き換えに、生贄として人の魂を要求する邪悪な魔族の宝物だったのです。

■キャスティング■
PLの人数は3~5人。(調整可能?)
飛行できる、あるいは空間転移などで脱出できるキャラクターの使用を禁止します。
また、戦車の魔道師も使用できません。
さらに、GMのシステム習熟度を考えると、魔法の使えるキャラクターは推奨いたしません。
これらのレギュレーションを考えに入れて、ここに掲載されているテンプレートの中から、使用するテンプレートを選択してください。

■ 英雄王の遺産■
英雄王の遺骸は、3つの魔法の道具を所持したまま、地下の霊廟に眠っています。
王冠、王笏、龍殺しの槍です。
それぞれは、以下の魔族の魔剣として扱います。

○ 王笏
《大地を揺るがす者ラレイン》(召喚値100、灰色のラレインの本体)の魔剣。
地の底に封じられたラレインの力によって、山崩れや地震、地割れを起こすことができる。
これによって敵軍を壊滅させることができるが、英雄や将軍を殺すには至らない。
分類:杖
武器修正:+3
効果値:5打
影響値:10(抵抗目標値20)

○ 王冠
《豊穣の王ペジテフィー》(召喚値75)の魔剣。
生贄の血によって焦土を豊かな大地に蘇らせ、豊穣をもたらす。
影響値:8(抵抗目標値18)

○ 龍殺しの槍
《槍の侯爵シュトロア》(召喚値130)の魔剣。
投じれば、龍の鱗さえも貫く。
分類:大槍
武器修正:+6
効果値:8
影響値:13(抵抗目標値23)

この3つが英雄王ジェラールの遺産、魔族との契約を象徴する王笏、王冠、龍殺しの槍です。
これを身につけて生贄を捧げると、該当する魔族の力が使えます。

【開幕ベルが鳴る前に】
セッションの最初に、PLによる自PCの紹介をお願いします。
抱えている運命に加えて、注目している点、楽しみにしている点、悩んでいる点も。

■ シナリオ本編■
【第1の扉:夜の山路】
○ 通過条件
セッション開始

○ 描写
かつて、山の小城から発した英雄王ジェラールの帝国は、今、滅びようとしていた。
英雄王の死後、覇業は途絶え、国は衰退し、ついに魔族と結託した隣国によって最後の街も滅びてしまった。
燃え上がる街から脱出した難民は、満月の光の下、かつて廃棄された山城へ通じる道を逃げていく。
麓からは山狩りの松明の光がゆっくりと登ってくる。
逃げねばならぬ。
明日の再起のためにも、今日を生き延びることに専念するのだ。

○禁止事項
・ 城への到着
・ 敵との交戦

○ アドバイス
各PCのオープニングシーン。回想あり。他のPCとの関連付けよりも、自PCの個性を重視したい。

【第2の扉:坂の途中】
○ 通過条件
第1の扉、終了。

○ 描写
山の夜は暗い。
かすかな星明りと、麓で燃える街からの光だけが頼りだ。
確か、この山の上に英雄王ジェラールが生まれ、死んだ古城があるはず。
最悪、そこへ逃げ込んで休息をとろう。

○禁止事項
・ 城への到着
・ 敵との交戦

○ アドバイス
GMよりアドバイス:会話したPL同士は、運命カードを交換することもできます。

【第3の扉:遠い声】
○ 通過条件
セッション開始から40分。

○ 描写
夜の闇はさらに深くなりつつある。
英雄王が生まれた小さな山城。
いや、単なる塔と言ってもよい。
だが、何かが呼んでいるような気がする。

○ 禁止事項
・ 夢歩き以外の全ての行動

○ アドバイス
遠い声に応えて、夢歩きをしていただきます。
あなたを呼ぶのは、英雄王の声?神器の声?
それとも、運命そのものでしょうか?
重要な場面です。
運命カードを用意しておきましょう。

【第4の扉:古城】
○ 通過条件
第3の扉、終了。

○ 描写
城というより、山道を押さえるために作られた塔である。
三層ほどの円形の塔で、飾り気も何もない。
城壁も堀もなく、おそらくは屋上や窓からの弓矢こそが、この塔の最大の武力だったのだろう。
10人も兵がいれば満杯になってしまいそうだ。
この先の険しい山道を封じるには、これで十分だったのだろう。
だが、王国はここから始まった。
英雄王は、ここで生まれて、ここで死んだ。
以来100年、ここは英雄王の墓所として、禁足地とされていた城だ。
…。
夜の風に何かの声が混じる。
誰かが呼んでいる。
あの場所で。

○ 禁止事項


○ アドバイス


【第5の扉:隠し階段】
○ 通過条件

○ 描写
○ 禁止事項
○ アドバイス


【第6の扉:英雄王の玉座】
○ 通過条件

○ 描写
○ 禁止事項
○ アドバイス


【第7の扉:エンディング】
○ 通過条件

○ 描写
○ 禁止事項
○ アドバイス


【第8の扉:】
【第9の扉:】
【第10の扉:】


スポンサーサイト

1件のコメント

[C314] アム

私もAマホしたよ、セクションの調整を行いたいです。
  • 2010-06-19 23:04
  • 投稿者 : アム
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://popontaza.blog70.fc2.com/tb.php/396-7863904e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

最近の記事+コメント

Appendix

表示中の記事

  • スポンサーサイト
  • 【深淵第2版】英雄王の遺産【渦型セッション】
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2010年06月26日 (土)
  • 20時02分56秒
by AlphaWolfy

まとめプラグインv2

08 | 2017/09 [GO]| 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。