Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C152]

これはもうルールやシステムで縛るのは無理ですよ^^;
自分がそういうプレイをしたときに思ったのは、ある主の人間には絶対的に理解されないです。
「PCのマイナス要素や決断できない理由、背景を演出する」というのは即ち「勝利するための効率を破棄する」わけですから、他のPLや時にはSD(GM)にもイヤな顔をされることがあります。
ボクの場合、ダースさんがSDだと意思の疎通がノイズレスなので甘えて毎回やっちゃいますが、他のSD相手だとやっぱ躊躇するでしょうね。
なので、こういうプレイについてはシステムやルールで奨励するのではなくて、SDとしての演出で引っ張るとか、PLとして参加したときに啓蒙するとかじゃないでしょうか。
そもそも「VP制であり」「キャラメイク時に欠点を選択できない」Aマホに、「勝利するための効率を破棄する」プレイは向いてないです。「もっと削れや!」とか言われそうw
  • 2009-02-23 12:01
  • 投稿者 : べる
  • URL
  • 編集

[C154] 隅っこからの意見だが…

Aまほについての認識が、俺とベルの間で激しくずれている気がするなあ。
俺がAまほを「物語記述装置」として愛用しているのは、その行動が物語に即している限り、どんな行動も許容するばかりか、その行動が勝利への手がかり足がかりになり得るって点を評価しているからだ。
まあ、ドンパチに明け暮れている現在のAまほメインストリートの意見はまた別にありそうではあるんだが…w
  • 2009-03-01 15:46
  • 投稿者 : ダース
  • URL
  • 編集

[C155] タイトルをつけましたw

それはすべからく自分の無知に拠るものですw

ただ、TRPGに於いて「行動が物語に即している限り、どんな行動も許容するばかりか、その行動が勝利への手がかり足がかりになり得」ないシステムって存在しなくないスか?
いや、最近のシステムには詳しくないんですけど、結局マスターの手腕、PLの腕次第なんじゃないかと思うワケです。
  • 2009-03-01 18:11
  • 投稿者 : べる
  • URL
  • 編集

[C156] 定義づけの問題だね

たぶん、「物語に即している行動」という言葉の定義が揺らいでいる。
ベルのそれは、俺よりも狭い意味で使っているようだ。
「でも、俺はこの場面で○○しちゃうわけですよね」は、俺の中では「物語に即している行動」なのだが、ベルの中ではそうではない。
それで、イマイチ噛み合わないんだと思う。
ただ、「物語に即した行動」ってのを言葉で定義づけようとすると、かなり大変なんだけどさ。
  • 2009-03-01 22:02
  • 投稿者 : ダース
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://popontaza.blog70.fc2.com/tb.php/270-70b974ee
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

迷子のmemo

カテゴリ : Aまほ
PL及びPCが進みたい方向ではないM*(T*か?)を駆使することで、シナリオの流れに深みを出すことができるかも?
「M*○○したくてもできなくて思い悩む」なんてM*を突きつけられたら、一生懸命PCのマイナス要素や決断できない理由、背景を演出するんじゃね?というお話。
クライマックス前のクライシスに当たる演出を、SDから要求することで演じやすくなることを期待するわけだ。
以前感心していた、ベルの「でも、俺はこの場面で○○しちゃうわけですよね」っていう「自分の墓穴くらい自分で掘れ!」的プレイをシステム面から引っ張り出そうとする試みと言うこともできるか?

このはなさくややビーストバインドの絆システム、深淵が手探りしている方向性に似てる気もする。
物語することがTRPGの本質であり、TRPGをシステムが偶然生み出すストーリーの中に偶然の物語を見つけようとするのはどっか間違ってね?という問題意識から辿りついた1つの答えのつもりだったんだが、書いてて気がついた。

これって、「システムが偶然生み出すストーリーの中に偶然の物語を見つけようとする」ことで、より高位な遊び方が隠れていることに気付く、ってか、D&Dレベルの打率じゃ効率が悪くてやってられねえ!と感じたTRPG者の禁じ手に手を出す過程のような気もしてきて・・・。

あー、よくわからんようになってきた。
また、あとで再考いたします。
とりあえず、俺にとって、TRPGはシミュレーションゲームより即興演劇に近い遊びなのかも。
スポンサーサイト

4件のコメント

[C152]

これはもうルールやシステムで縛るのは無理ですよ^^;
自分がそういうプレイをしたときに思ったのは、ある主の人間には絶対的に理解されないです。
「PCのマイナス要素や決断できない理由、背景を演出する」というのは即ち「勝利するための効率を破棄する」わけですから、他のPLや時にはSD(GM)にもイヤな顔をされることがあります。
ボクの場合、ダースさんがSDだと意思の疎通がノイズレスなので甘えて毎回やっちゃいますが、他のSD相手だとやっぱ躊躇するでしょうね。
なので、こういうプレイについてはシステムやルールで奨励するのではなくて、SDとしての演出で引っ張るとか、PLとして参加したときに啓蒙するとかじゃないでしょうか。
そもそも「VP制であり」「キャラメイク時に欠点を選択できない」Aマホに、「勝利するための効率を破棄する」プレイは向いてないです。「もっと削れや!」とか言われそうw
  • 2009-02-23 12:01
  • 投稿者 : べる
  • URL
  • 編集

[C154] 隅っこからの意見だが…

Aまほについての認識が、俺とベルの間で激しくずれている気がするなあ。
俺がAまほを「物語記述装置」として愛用しているのは、その行動が物語に即している限り、どんな行動も許容するばかりか、その行動が勝利への手がかり足がかりになり得るって点を評価しているからだ。
まあ、ドンパチに明け暮れている現在のAまほメインストリートの意見はまた別にありそうではあるんだが…w
  • 2009-03-01 15:46
  • 投稿者 : ダース
  • URL
  • 編集

[C155] タイトルをつけましたw

それはすべからく自分の無知に拠るものですw

ただ、TRPGに於いて「行動が物語に即している限り、どんな行動も許容するばかりか、その行動が勝利への手がかり足がかりになり得」ないシステムって存在しなくないスか?
いや、最近のシステムには詳しくないんですけど、結局マスターの手腕、PLの腕次第なんじゃないかと思うワケです。
  • 2009-03-01 18:11
  • 投稿者 : べる
  • URL
  • 編集

[C156] 定義づけの問題だね

たぶん、「物語に即している行動」という言葉の定義が揺らいでいる。
ベルのそれは、俺よりも狭い意味で使っているようだ。
「でも、俺はこの場面で○○しちゃうわけですよね」は、俺の中では「物語に即している行動」なのだが、ベルの中ではそうではない。
それで、イマイチ噛み合わないんだと思う。
ただ、「物語に即した行動」ってのを言葉で定義づけようとすると、かなり大変なんだけどさ。
  • 2009-03-01 22:02
  • 投稿者 : ダース
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://popontaza.blog70.fc2.com/tb.php/270-70b974ee
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

最近の記事+コメント

Appendix

表示中の記事

  • スポンサーサイト
  • 迷子のmemo
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2009年02月23日 (月)
  • 01時17分34秒
by AlphaWolfy

まとめプラグインv2

09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。