Entries

月夜埜綺譚布教計画

カテゴリ : 未分類
月夜埜綺譚のセッションが大変に面白かったので、これを広めるためにどのようなことができるか考えてみる。
(ユーザーの拡大→GMの増員→セッションの機会増加→俺、セッションに参加し放題きゃっほう!的展開を狙うわけだw)

1.知ってもらう、興味を持ってもらう
【リプレイの拡充】
リプレイが圧倒的に少ない。ってか、グーグルで検索かけても見つからない。これではなかなか魅力が伝わらないだろう。これまでの財産を整理し、わかりやすく一覧できる場所を作ることと、意識してセッションを重ね、記録を残していく必要がある。

【リプレイの記述方法の工夫】
リプレイの記述方法を工夫しないと、読者に月夜の魅力が読み取れないかも、という気がする。現実世界のせせこましさに縛られる部分の面白さが、「行動宣言できない者は黙っている」現在のシステムでは、プレイしている本人は感じられても、リプレイ読者にはわからないだろう。また、己の持つ奇跡を起こせる要素を消費して、物語に奇跡を起こすベット/レイズのシステムも、このゲームで一番エキサイティングな場面なのに、リプレイではそれが伝わってこない。この2点の工夫は必須と思える。

【潜在的ユーザーへの紹介】
コミケ等での宣伝活動はスタッフの方に任せるとして、月夜のようなゲームを待っている潜在的ユーザーにアピールするための地道な活動は誰にでも行えるはず。例えば、できるだけたくさんのセッションを行い、セッションの記録を日記に残していけば、じわじわとではあるが、認知度は上がるはずだ。
また、「Aまほで1番好きなのは日常編」と言うプレイヤーも、月夜の潜在的ユーザーである可能性が高いように思う。俺が参加している週刊セッションに月夜のエッセンスを持ち込むことで、月夜に接近してもらうこともできそうな気がする。

【リプレイを読むための基礎知識の伝達】
カレンダー進行やベット/レイズなのは、基礎知識を持ってリプレイを読むとなお楽しめる。だから、全てではないにしろ、ルールの一部をWEB上に浮かべて、誰でもが読むことのできる状態にすることを考慮すべきだ。(続きは「遊んでもらう編」へ)

2.遊んでもらう
月夜の良さを感じてもらう最も賢い方法は、実際にセッションに参加してもらうことだと思う。
そのために、システムや設定の一部をオンラインで一般に公開してしまう、という方法はどうだろう?
(ぶっちゃけ、Ver.1.5で抜けていたPC作成ルールは公開することになるだろうしw)
例えば、キャラクターアーキタイプと数個の職業、数個の家庭、十数個の風姿をルールとともに公開し、さらにいくつかのシナリオも公開する。
で、「製品版を購入すると、さらに70もの職業、家庭、風姿がプレイ可能に!」ってな具合に製品版に誘導するわけ。
あ、公開するシナリオの中に、製品版がないとプレイできないシナリオを混ぜておくって商魂たくましいアイディアもアリかな?
セッションに参加すれば、月夜の魅力は伝わるだろうし、確実に存在する「アダルトな味わい」を待っていたTRPGユーザーはさらに遊び続けてくれると思うのだが・・・。


■はるをさんにお願いすること■
月夜埜綺譚の一部をオンラインで公開すること。
コミケ等での宣伝活動の継続。
じゃんじゃんセッション開催してくださいw

■自分でがんばること■
リプレイの記述方法の工夫
Aの魔法陣の週刊セッションにカレンダー進行やベット/レイズなどの月夜の要素を取り込む。
GMの修行(世界観の理解含む)を積む。


(おまけ)
超能力?魔法?的な部分を取り除いた「もっと徹底的に地味な月夜埜綺譚」っての、レギュレーションとしてアリなのではないかと感じる。
AまほのA-DICみたいな感じで。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://popontaza.blog70.fc2.com/tb.php/21-644d87d8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

最近の記事+コメント

Appendix

表示中の記事

  • 月夜埜綺譚布教計画
  • 2007年09月24日 (月)
  • 13時48分00秒
by AlphaWolfy

まとめプラグインv2

05 | 2017/06 [GO]| 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる