Entries

辺境騎士団領 PCテンプレート表補足

カテゴリ : 幻想TRPG深淵
■第2版基本ルールブック■
歩兵 20
弓兵 21
傭兵 22
騎士 23
盗賊
吟遊詩人
踊り子
少年
白馬を連れた娘
夢占い師
プラージュの司祭
翼人の魔道師
戦車の魔道師
野槌のまじない師
原蛇の魔道師
奇妙な旅人

■銀龍亭異聞■
漂泊の戦姫 98
漂泊の若き騎士
獅子王教団の兵卒
母親
農夫
ギュラニン党の暗殺者
老いたる風の魔道師
魔道師候補生
龍鱗の退魔師
「死の乙女」に従う夢占い師
伝書使
白き仮面の獣師
黒騎士
戦災孤児
獅子の戦姫
貴婦人
ライエルの老薬師
狩人
若き姫君
ラルハースの水の騎士
侍女
騎兵
商人
翼人のまじない師
若き「真理の探究者」
呪われし天才剣士
異端イェロマーグ派の吟遊詩人
古鏡の魔道師
死霊
ラヴィオラ
黒剣の魔道師
治療師
通火の魔道師
移動判事
放浪の石工
能吏
大男の弩弓兵
復讐を求める海王の魔道師
海王のまじない師
呪われた水辺の女
絶望の老将
「死せる魂の守護者」の6の位
黒天教の神官
青龍の魔道師
龍殺し
覚醒した龍司祭
烏の侍女
風の公子
風虎のまじない師
薄幸の少女
アイズナ
牧人の魔道師
ライエルの末座司祭
野槌の魔道師

■辺境騎士団領■
少女 68
従士(騎士見習い)
船乗り
夢見る案山子
悔やむ銅の像
ヴァルハンの工匠
臆病な獅子
星の花嫁
貧乏貴族
取替え子のヴァルト
豪商
料理人
真紅の退魔師
魔道師の弟子
狂える詩人
醜悪なる従者
沈黙の女魔道師
老貴族
病魔に侵されし女魔道師
死人遣いの傀儡
流浪の貴公子
鍵となる少年
死の姫巫女
白霊族の貴公子
扉を閉ざす少女
名前を捧げし者
黒鬼の傭兵
鮮血の歌姫
妖精王の密使

【深淵PC】アムさんPC【外野からの野次OK】

カテゴリ : 幻想TRPG深淵
テンプレート:奇妙な旅人
固定運命:【自己犠牲】
運命:【心変わり】を選択

⇒続きを表示 / ⇒全文を表示

【深淵第2版】英雄王の遺産【渦型セッション】

カテゴリ : 幻想TRPG深淵
久しぶりにオンラインセッションしたいな。
とりあえず、ゆるゆると準備を始めよう。

■今回予告■

街が燃える。
英雄王ジェラールによって築かれた王国は、王の死後、わずか100年にして滅び去った。
敗亡の民は燃える街を背に、山を越え、国を捨てるしかない。
そして、運命に導かれし者が、英雄王の墓所に辿り着く。

(以下にシナリオ情報を格納。希望者は見ないで参加するも可。しかし、見た上で悲劇を演出するプレイを強く推奨。)

⇒続きを表示 / ⇒全文を表示

TRPG「深淵」をプレイするために

カテゴリ : 幻想TRPG深淵
TRPG「深淵」をプレイするために(その1)

⇒続きを表示 / ⇒全文を表示

【TRPG深淵】双子の女王の物語 第2話「プリンセスメーカー(本当はクイーンだけど)」【英雄王の遺産】

カテゴリ : 幻想TRPG深淵
5月の物語は、2人の少女の数奇な運命の物語。
敗北に終わる第2話は、ルールブックに掲載されている渦型シナリオ『英雄王の遺産』を使ってプレイした。
登場PCは第1話と同じく、リエナとシオキの2人。
ただし、2人の運命が変わっている。
リエナは『際立った性格』という運命を得て、【正義感、教条主義、猪突猛進、自己満足】という傾向の非常に強いキャラに。
シオキは『誓いの言葉(≒恋人の元へ帰る)』と『魔族への復讐』という運命を得た。
愛憎渦巻きながら頭の中はスゴンのことで一杯状態といったところか。

■ハイライト■
スゴン征伐に役立ちそうな宝物があるとの噂を聞きつけ、故郷に帰る二人。
その道すがら、隣国が攻め入ろうとしている気配を察知しつつ、建国の祖である英雄王の眠る山砦へ。

砦に入ってみれば、2人を出迎えるのは英雄王の在りし日の肖像画。
しかし、シオキはその肖像画を一瞬、リエナの肖像画と誤認する。
驚き、目をこすってもう一度見れば、似ても似つかぬ風貌。
薄暗がりとはいえ、どうしてそんな見間違いをしたのやら。

書斎も見つけ、英雄王の残した日記から、生贄を必要とする3種の神器の魔力に魅せられ、国づくりが進むにつれ、人格を崩壊させていった英雄王の末路が明らかになる。
そして、地下への隠し通路を発見し、英雄王の隠された霊廟へ。

霊廟への扉を押し開くシオキの脳裏に、とっくに忘れていたはずの、幼き日のリエナとの思い出が唐突に蘇る。
海辺で楽しく遊んだあの日。
何の脈絡もなく、突然リエナが言った意味不明な言葉。
意味が全くわからず、ケタケタと笑うしかなかった、あの言葉。
「この娘の命1つを生贄にすることで、飢饉を防ぎ、数百の命が永らえるのだ。安いものだとなぜ気づけぬ?」
この言葉と、一言一句違わぬ言葉が先程の日記に記されていたのは、偶然なのか?
(偶然のわけがありません。シオキPLによって、「リエナ=英雄王はんの生まれ変わり」というトンデモ設定が捏造されようとしているのですw)

不思議な記憶に訝しがりながら入室するシオキと、それに続くリエナ。
部屋の奥で2人を出迎えたのは、すっかりミイラ化し朽ち果てた英雄王の遺体であった。
伝説に描かれた通り、その手には槍と王杓、頭には王冠。
この国の建国記に記された3種の神器に違いない。
驚き、神器を手に取る二人に意思チェック。
実は、この英雄王の遺体には、建国当時、神器を与えることで英雄王を支配しようとしたスゴンが封印されており、神器に触れた二人の意思を乗っ取ろうとしたのに対抗するための意思チェックでした。
意思チェックの結果、リエナはからくも自分の意識を保つことに成功するが、シオキはそうはいかない。
だって、スゴンへの縁故が10もあるわけで、この10はこの場面では、明らかにマイナスの修正値。
あっけなく意識を奪われてしまいます。
よって、ここからはシオキ=スゴンと読み替えて下さいね。

三種の神器を入手した2人は、砦から街に帰還。
隣国の侵略を予言し、神器の力でこれを撃退。
英雄の誕生に市民が沸き立っているところへ、王の急死の知らせ。
(実は、スゴンを信仰する邪神教団に命じてシオキがやらせた。)
ドサクサ紛れにリエナが王座に納まることに。
(むろん、邪神教団の暗躍の結果。)
リエナと、その懐刀であるシオキという瓜二つの女王を戴く王国の誕生とあいなった。

補足1
2人が瓜二つなのは、双子だからではなく、本当はシオキがリエナの影武者として魔法で容姿を変えたから。

補足2
実際には、シオキが懐刀というより、よくわかってないリエナをシオキ=スゴンが操縦し、傀儡としている。

補足3
ね、ようやく双子の女王の物語になったでしょ?

Appendix

最近の記事+コメント

Appendix

まとめプラグインv2

03 | 2017/04 [GO]| 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる